当社はコンクリート製造業として昭和43年に創業いたしました。以来40年あまりにわたり、より品質の高いコンクリートの安定的な供給を目指して企業努力を重ねてまいりました。

また、良質なコンクリート生産を追及する中で、その技術をベースに次々と事業化へと結びつけてまいりました。

コンクリート二次製品の他、多数の製品を世に送り出してきました。

 

旭光コンクリートは自然と技術の調和により 新しいライフスタイルを提案します


      会 社 沿 革

 

昭和43年4月  大阪市東住吉区今川町に於いて

         旭光コンクリート工業所設立

         二次製品工場を稼働

昭和52年2月  大阪府南河内郡河南町一須賀492-1

         に移転

昭和59年12月 大阪府南河内郡河南町一須賀492-1

         に生コン工場・二次製品工場を稼働

         (光洋機械の0.5㎡練りスミスミキサ)

昭和62年2月  石川島播磨重工業ミキサ入替

         (1.25㎡強制二軸)

平成7年2月   光洋機械製ミキサ入替

         (1.25強制二軸)

平成11年5月  大阪府南河内郡河南町東山725-1に

         移転

         (株)北川鉄工所製ミキサ入替

         (2.0㎡強制二軸)

平成13年1月  (株)北川鉄工所製ミキサ入替

         (2.75㎡強制二軸)

平成16年5月  (株)北川鉄工所製ミキサ入替

         (3.00㎡強制二軸)